<10ml>有機エッセンシャルオイル ワイルド・ラベンダー
sale
5ea3c2ab72b9115a87a0c782 5ea3c2ab72b9115a87a0c782 5ea3c2ab72b9115a87a0c782 5ea3c2ab72b9115a87a0c782 5ea3c2ab72b9115a87a0c782

<10ml>有機エッセンシャルオイル ワイルド・ラベンダー

¥3,025

¥1,513 税込

50%OFF

送料についてはこちら

★ユネスコ認定ジオパーク原産の精油ブランド★Aromas do Valado(アロマス・ド・バラド)★ 2019年6月にポルトガルから日本に初上陸したばかりのブランド。 家族経営のクラフト精油メーカー。手摘みで収穫した植物を使用し丁寧に蒸留して作られる精油はまさに自然からの贈り物。ピュアでありながらパワフルな香りが魅力です。 公式ウェブサイト https://www.advjp.com ◇ご使用方法◇ アロマテラピー全般にご使用頂けます。ご使用の際は注意事項をよくご確認の上自己責任にてご使用ください。 ●ボディトリートメント(むくみやリンパ対策に) ●芳香浴(アロマディフューザーやスプレー) ●アロマクラフト(アウトドア向けのボディスプレーなどに) ●ハウスキーピング(ナチュラルクリーナーや衣類の防虫剤に)  など 特徴 : ラベンダーよりもさらにパワフルで力強い香りが特徴のなワイルド・ラベンダー。よりシャープな香りで男性的。基本の精油からのステップアップや、ブレンドのアクセントとしてオススメです。 相性のいい精油: ●ラベンダー ●レモングラス   など ◆AEAJ認定アロマブレンドデザイナーからのアドバイス◆ ☆精油プロフィール☆彡 ワイルド・ラベンダーは、いわゆるフレンチラベンダーの一種。同じラベンダーとはいえ、もう一方のラベンダー(Lavandula angstifolia) とは芳香成分が全く異なります。こちらはカンファ―が約30%含まれているため、ローズマリー・シネオールのような使い方がおススメです。 ☆トリビア☆彡 数多くあるラベンダーの精油。品種ごとに生息する高度が違うそうです。ストエカス種は生命力が高く、どんどん大きく育つそうです。 ☆ご使用のヒント☆彡 ポルトガルでは衣類の防虫やアウトドアスプレーなどに使うことも多いそうです。また、スッキリとした香りが特徴のワイルド・ラベンダーは、むくみ対策のボディトリートメントに活用することもおススメです。 品名:ワイルド・ラベンダー 学名 :Lavandula stoechas 抽出部分(位) :花および葉 抽出方法 :水蒸気蒸留法 生産国:ポルトガル 原産国:ポルトガル オーガニック認証:ECOCERT 内容量:10ml 原産について:ジオパーク原産の植物を使用 【重要】 注意事項:決して原液を皮膚につけないで下さい。決して飲用しないで下さい。精油原液は必ず1%以下に希釈してご使用下さい。ご使用後は必ずキャップを閉めてください。お子様やペットの手の届かない場所に保管してください。稀にアレルギーや皮膚刺激を起こすことがあります。